フォトギャラリー

住宅|新築

NEWスタイル数奇屋住宅

NEWスタイル数奇屋住宅

焼板に漆喰、土壁に格子のシンプルな外観。

格子は外部のアクセントにしているのと

キッチンの換気扇や温水器などの設備が直接見えないよう配慮しています。

画像のみを表示全 18 枚中 1 枚目を表示Next ≫
NEWスタイル数奇屋住宅

深く出した軒は建物を雨風から守ってくれる大切な役目。

軒が深いほど より和の趣も増します。

玄関は引き分けの格子戸。間口を広く確保できるようにしています。

画像のみを表示全 18 枚中 2 枚目を表示≪ PrevNext ≫
NEWスタイル数奇屋住宅

屋根の際に設けたFIXガラス。

通常は壁でそのまま覆ってしまいますが

室内への明り取りと外観のアクセントを兼ねています。

夜になるとこのガラスから外へ光が漏れ 屋根を優しく照らします。

画像のみを表示全 18 枚中 3 枚目を表示≪ PrevNext ≫
NEWスタイル数奇屋住宅

落ち着いた書斎。

床はカリンの無垢板。当社の倉庫に確保している原板をサネ付きの床板に加工、施工しています。

このような仕上げにできるのも 材料を確保して乾燥させている倉庫があって、それを加工できる熟練した大工さんの技があってこそ。

画像のみを表示全 18 枚中 4 枚目を表示≪ PrevNext ≫
NEWスタイル数奇屋住宅

書斎上部は広々した吹き抜け空間。

壁際を回廊にして大きな書庫にしています。

画像のみを表示全 18 枚中 5 枚目を表示≪ PrevNext ≫
NEWスタイル数奇屋住宅

異空間を味わえるトイレ。

モザイクタイルの床にガラスの壁。ステンレス一体成型の手洗いカウンター。

冷たい印象の強い無機質な素材を多用していますが 部分的に木材を取り入れる事で冷たすぎる印象を緩和しています。

画像のみを表示全 18 枚中 6 枚目を表示≪ PrevNext ≫
NEWスタイル数奇屋住宅

飾り棚の背面に使用した瓦のモザイクタイル。均一な市松模様も瓦自体の色むらで強すぎない印象になっています。

よりタイルの表情が引き立つよう 間接照明を入れています。

画像のみを表示全 18 枚中 7 枚目を表示≪ PrevNext ≫
NEWスタイル数奇屋住宅

壁一面の収納は床から天井までの造作建具。枠類を見せずすっきりした印象に仕上げています。

お揃いの板材でもう一面の壁も仕上げ、統一感を出しています。

画像のみを表示全 18 枚中 8 枚目を表示≪ PrevNext ≫
NEWスタイル数奇屋住宅

オールステンレスのアイランドキッチン。

清掃性を保ちつつステンレスの存在感を活かすこだわりのオーダーキッチンです。

画像のみを表示全 18 枚中 9 枚目を表示≪ PrevNext ≫
NEWスタイル数奇屋住宅

蔵をリノベーションしたような雰囲気に仕上げた漆喰の入り口壁。

古民家カフェのようなレトロな印象です。

画像のみを表示全 18 枚中 10 枚目を表示≪ PrevNext ≫
NEWスタイル数奇屋住宅

L字の屋根を支える梁と大黒柱。

この存在自体が美として成り立つ「構造美」を活かした空間。

画像のみを表示全 18 枚中 11 枚目を表示≪ PrevNext ≫
NEWスタイル数奇屋住宅

正面に見える引き分けのタイコ障子(※)の奥は 壁掛けテレビの収納。

※タイコ障子・・・障子の枠を紙で巻き込んで枠を見せない様に作る障子。太鼓から。

生活感を極力感じさせない工夫をしています。

画像のみを表示全 18 枚中 12 枚目を表示≪ PrevNext ≫
NEWスタイル数奇屋住宅

左官職人の手仕事が生きる漆喰の塗り枠。

実はよく見ると一番外の枠は直角ではなく少しカーブ(かまぼこ型)しています。

こんな味わい深い仕上げを楽しめるのも 職人さんの手仕事ならでは。

画像のみを表示全 18 枚中 13 枚目を表示≪ PrevNext ≫
NEWスタイル数奇屋住宅

玄関土間を挟んで左がLDK、右が書斎。

あえて土間を挟み部屋を分断することで 書斎に特別感を持たせています。

画像のみを表示全 18 枚中 14 枚目を表示≪ PrevNext ≫
NEWスタイル数奇屋住宅

ホテルを目指したバスルーム。

タイルの配列、配色にもこだわってオーダーしました。

画像のみを表示全 18 枚中 15 枚目を表示≪ PrevNext ≫
NEWスタイル数奇屋住宅

続きの洗面室も 浴室と同じタイルを張って統一性を持たせました。

画像のみを表示全 18 枚中 16 枚目を表示≪ PrevNext ≫
NEWスタイル数奇屋住宅

備前焼のタイルに合わせて作成したニッチ。

飾る小物とそれぞれを引き立てあう特別なアクセント。

画像のみを表示全 18 枚中 17 枚目を表示≪ PrevNext ≫
NEWスタイル数奇屋住宅

落ち着いた印象の和室も極力すっきりと。

建具、窓、畳、すべての「枠」を取り払って 心身ともに落ち着いてくつろげる空間になりました。

照明は間接照明のみ。もちろん調光できるようになっており、好みの明るさで過ごせます。

画像のみを表示全 18 枚中 18 枚目を表示≪ Prev     

ステンレス、タイル、ガラスなどの現代素材と土、漆喰、和紙などの伝統素材を融和させたNEWスタイルの数寄屋建築。外観は格子、土壁、漆喰、焼板と伝統素材ながらシンプルな数寄屋風建築を再現。現代アート的な内装は、玄関を入ると通り土間を介してリビングスペースと書斎があります。書斎スペースの入口には漆喰塗の装飾と鋼製建具が蔵へ入る雰囲気を演出します。大空間のリビングスペースにはケヤキ丸太が横断し、光を取り入れるためにL型に形成された建物の構造を支えます。水廻りに多用されているステンレス、タイル、ガラスと伝統素材のコントラストは新しい和風建築の創造を引き立てます。

 

この物件はパンフレットに掲載されています

  

 

  7月から新築パンフレット(施工事例集)、新しくなりました。

  このHPより資料のご請求でも、新築のパンフレットを

  お送りさせて頂きます。

 

  資料のご請求はこちら

  お住まいのご計画にお役立てください!!

住宅 - 新築 にある

その他のフォトギャラリー

ページトップへ