読み込み中...
実例紹介

施工事例

せとうち古民家お試し住宅 空き家を活用した移住者受入れ施設

むかし豆腐屋を営んでいた古い家屋。この度、2世帯まで受け入れられる移住者のためのお試し住宅として生まれ変わりました。

京町屋のように間口が狭く奥に長い建物で二棟に分かれていたので、この度老朽化が進んで建て替えにくい奥の建物は解体して減築しました。

【外観】
瓦は既存を利用した。
通りに面した入り口を少し控えてアプローチにゆとりを持たせた。
雨の跳ね返りがある足元には腰板をはって汚れ防止に。無垢板なので経年の変化も楽しみ。

【1Fリビング】
古民家ならではの低い天井。既存の天井を表しにして圧迫感を軽減した。
リビングとキッチンの間を間仕切れるようにし寝食を隔てた。

【1Fダイニングキッチン】
キッチンから奥に水廻りをまとめて生活しやすい動線にした。

【1Fダイニングキッチン】
玄関~LDK~水廻りを一直線に配置。
町屋造りは採光が困難なためダイニングにも室内窓を設けて抜け感を出した。室内窓の向こうは天窓があり自然光も取り込める。

【水回り】
住宅設備は全て新しくして使い勝手良く。
貴重な開口部はトイレに設けた。

【通り土間】
通り土間を通って建物裏に抜けられ、天窓からは自然光が。
既存の柱は傷などの古い名残りもそのままに、塗り壁で仕上げを施した。

【2Fリビング】
2階の居室は間取を変えず、建具や窓も既存のものをそのまま利用した。
耐震性能向上のために新たに壁を設け、天井を表して圧迫感を軽減した。

【既存建具】
古民家の雰囲気を残すため、一部建具は既存のものを利用。
傾きが発生していたが、職人の手仕事でスムーズに動くように。

瀬戸大橋の袂に位置する、倉敷市下津井。
瀬戸内海に面する漁港の町として、かつての賑わいを取り戻すべく、町おこし活動が盛んに行われている地域です。

弊社も町おこし団体「下津井シービレッジプロジェクト」の一員として、イベントや移住促進に取り組んでいます。
倉敷への移住を検討される際は、ぜひ下津井の”せとうち古民家お試し住宅”をご利用ください。

類似事例