夕照の家

すべて|すべて

夕照の家

【コンセプト】

時を重ねるごとに子育て世代から老後へとライフスタイルが変化するように、フレキシブルに間取りが変化し、状況に即した暮らしができる家を考えた。

敷地が台形のような変形地で、すぐ北側には実家が建っている。有効利用し難い鋭角な部分の敷地を奥行きのある庭として活かしつつ、実家の主室が影にならないように考慮した配置とした。

画像のみを表示全 23 枚中 1 枚目を表示Next ≫
夕照の家

【配置計画】

母屋から約30°振った真北を建築の軸とし、母屋の主室の前に空地を設けることで実家に良好な日当たりを実現した。
(写真は12月の11時頃時点)
また、自動車が実家の玄関前まで横付けできるように計画しており、将来、介助が必要になった場合にも対応できる。
慣れ親しんだ家へ移る改築工事

真北を軸として計画することで冬の日射取得、夏の日射遮蔽にも効果が期待できる。

画像のみを表示全 23 枚中 2 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【生活を豊かにする小さな庭】

玄関ポーチ横の小庭は来訪者を迎え入れるだけでなく、実は室内の一部でもあるのだ。
(下段解説)

画像のみを表示全 23 枚中 3 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【玄関】

広々とした玄関からはタタミ室へ直接アクセスできるため、来客の対応にも容易である。
玄関の奥はクローク-WICへと繋がり、LDKへと回遊する、家族用の動線が設けられている。

暖簾はオーダーメイドで、夕照の家の外観をプロットした。

画像のみを表示全 23 枚中 4 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【タタミ室】

玄関側の障子を開け放しておけば、広々使うことができる。
玄関-玄関ポーチ、さらにその奥の小庭までもがタタミ室の一部になる。

画像のみを表示全 23 枚中 5 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【空間の繋がり】

二重にフレーミングされた小庭は絵画のように室内を豊かにするだけでなく、四季の移り変わりを感じさせ、生活に潤いを与える。

画像のみを表示全 23 枚中 6 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【借景】

玄関からLDKに入ると、塀で囲われた庭の奥とハイサイドライトから緑が目に入る。
隣地の木々を景色の一部としてお借りしている。

画像のみを表示全 23 枚中 7 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家
画像のみを表示全 23 枚中 8 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【吉村障子】

タタミ室の障子を閉めれば、人が往来する建具から安心感のある壁へと姿を変える。
(建築家吉村順三氏が考案した吉村障子は閉めた状態で一枚のパネルに見える)

画像のみを表示全 23 枚中 9 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【フレキシブルな空間構成1】

障子を全て開けると、リビングはタタミ室・玄関・玄関ポーチ・小庭へと繋がり、開放感のある空間が生まれる。

画像のみを表示全 23 枚中 10 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【フレキシブルな空間構成2】

障子の一部を閉めると、リビングはタタミ室との繋がりを保ちつつ、玄関とは遮断し、落ち着きが生まれる。
プレイルームや、友人を招いてのパーティーなど多目的な用途として使用することが出来る。

画像のみを表示全 23 枚中 11 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【フレキシブルな空間構成3】

障子を完全に閉めると、タタミ室を経由することなくリビングへとアクセスが可能で、タタミ室が個室になる。
ゲストルームや、寝室の用途として使用することが出来る。

画像のみを表示全 23 枚中 12 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【リビング】

テレビが取り付いている壁の奥が階段となっており、上部を吹抜けとすることで、広がりを感じられるだけでなく、重力換気を促す設計としている。

画像のみを表示全 23 枚中 13 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【ダイニング】

キッチンの真横にダイニングを配置することで、動線が最短となりサーブしやすい計画とした。

画像のみを表示全 23 枚中 14 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【開口計画】

ダイニングテーブルの高さに合わせた開口部。食事中に庭を眺めることが出来る。

開口部は景色を眺めたり、風を通したり、光を入れたりと様々な目的があるが、不必要に多い開口部は熱橋となり、断熱性能に悪影響が出てくる。
必要なところに必要なだけ、かつ、最適な高さ、方位に計画することで窓そのものの価値が高くなる。

画像のみを表示全 23 枚中 15 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【動線計画】

キッチンの奥にはパントリー、廊下へと繋がっており、その先には水廻りやWIC・クローク、そして玄関へと続く。
短い家事動線は家事の負担を減らす。

換気の為に設けたWICの窓が廊下をやさしく照らす。

画像のみを表示全 23 枚中 16 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【収納計画】

キッチンの背面には巨大な収納を造りつけた。
たくさんの食器や食品のストックだけでなく、子どもの勉強道具なども収納できる。

画像のみを表示全 23 枚中 17 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【中間領域】

屋根がしっかりかかったテラスは外部でありながら室内のように使える。
空間を広く見せるだけでなく、内部と外部を繋ぐ装置でもある。

画像のみを表示全 23 枚中 18 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【外構計画】

プライベートな庭にするために、道路から高さ約2mの板塀を設けプライバシーを確保している。また、庭の地盤を50cmほど上げることで、テラスとの段差を解消し、庭が身近に感じられるようにするだけでなく、室内からは塀の高さが約1.5mとなり開放感は阻害されない計画とした。

鋭角な部分の敷地は植栽のスペースとすることで、奥行き感のある、広がりが感じられる庭と計画することで有効的に活用した。

画像のみを表示全 23 枚中 19 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【景石と植栽】

豊かな庭に欠かせない景石や植栽の多くは、もともとご両親が大切に管理されていたものを再利用した。

画像のみを表示全 23 枚中 20 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【洗面】

タオル、肌着、歯ブラシなどの位置を想定し計画することで、整理整頓された洗面となる。

画像のみを表示全 23 枚中 21 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【トイレ】

画像のみを表示全 23 枚中 22 枚目を表示≪ PrevNext ≫
夕照の家

【夕照の家】

画像のみを表示全 23 枚中 23 枚目を表示≪ Prev