ページトップへ

代表あいさつ

職人の手仕事を活かした家づくりを通し、人を育て、技術を継承し、価値ある仕事をする

こんにちは。なんば建築工房の正田順也です。

当社は創業明治20年。以来130年、大工として四代目(代表取締役会長 難波 恭一郎)に至る、自社の大工の手仕事により家を建てる、根っからの職人会社です。当社の礎となった3代目大工 難波重喜棟梁。今に至るまでは決して平坦なものではなく、先々代を早くに亡くし、お金に困った時期もありましたが、八人の兄弟の親代わり、4人の子供の親としてその責任を果たしました。大工でありながら花や茶を好み、書画骨董にも関心があり、研究を怠らず、職人道に徹し、思いやりがあり親切な、生涯精進して到達した先代棟梁のこころ。『人』としての生涯が今日の当社の家作りの原点になっています。

 手軽さや、工期短縮に心を奪われた現代。物理的な住宅という形だけにとらわれず、木と語り、木を愛し、木の心を心として道具を大事に、それを磨くことにより吾を磨く、忘れかけたこころも継承していく家作り。そして、4代目大工 難波恭一郎が平成元年に会社組織にして以来、職人が腰を据えて仕事に励む事のできる職人会社として地道に活動してきました。その先代の想いを引継ぎH25年6月1日、5代目として会社を引継ぐことになりました。

3代目棟梁 難波 重喜        3代目と4代目 難波恭一郎       地域のだんじりを作製した3代目

 
 

 今から家づくりをお考えの方にとって「どのような建築会社をパートナーにするか」という事は一番、大切なことです。自分の価値観や考え方と合わない相手を選ぶとその家で暮らす、長い時間を"もっと考えればよかった"と後悔して過ごさなければなりません。よいパートナー選びの一番のポイントは「価値観や考え方がどれくらい共感できるか」だと思っています。もちろん、一生の中でも大きい買い物ですから商品としての「家の性能や価格」は前提であることは間違いありません。

しかし、家は「買うものではなく建てるもの」なのです。長い月日をかけていろんな人の想いが加わり、やっと完成するものです。お施主様と建てる側が一緒になって「0」から作り上げていくものです。
 私たちは日本の気候風土に合った機会に頼らない省エネの家、代々住み継がれる丈夫な家を、創業130年の実績と自社大工職人の確かな技術で丁寧に施工します。

 

私たちはこのホームページを「あなたの価値観や考え方とどれくらい共感できるか」判断頂くために作りました。是非、いろんなページをご覧頂き、厳しい目で真剣にみて頂きたいと思います。