現場レポート

全て見る|全て見る

築41年目リフォーム 引き継がれる家

1.2019年01月15日
構造材の覗く
構造材の覗く

リビングの下地が出来上がりつつあります。
大工工事もいよいよ佳境
少しずつ仕上げの段取りをしていっております。

2.2019年01月11日
靴箱
靴箱

昔の間取りは玄関が広く収納少な目の良くあるものでした。
ですが現状に合わせると玄関に収納は多い方が当然便利。
奥の飾り棚が良い雰囲気です。

3.2018年12月17日
塗れる所を
塗れる所を

雨が降ると左官さんが外の作業出来ないので、
その間に内部を進めたりしています。
少しずつでも仕上がった姿が見えて来ると嬉しい気持ちになります。

4.2018年12月14日
下地がも良い
下地がも良い

丁寧に仕事をしていると、下地すら綺麗に見えてきます。
仕上げの見える部分だけでは無く、見えない部分も手を抜かず。
良い仕事を心がけて。

5.2018年12月10日
下地
下地

塗り壁の下地をしています。
昔は土の上に塗っていたのですが、今は石膏ボードに塗ってゆきます。
時代が変われば材料も工法も変わってゆきますが、
塗り壁の雰囲気は変わりません。
クロスとは違う独特のテクスチャーが好ましいです。

6.2018年12月06日
骨組み
骨組み

家具やカウンター、窓枠、下地まで組み上がり。あとはプラスターボードを貼ったり、仕上げたり。この部屋は大工さんの山場は越えました。

7.2018年12月03日
季節を感じる。
季節を感じる。

以前は壁だった廊下の突き当たり。光を取り込む窓を付けました。
狙ったようにちょうど紅葉したもみじがバッチリ見えます。
長い廊下の先に季節を感じて嬉しい気持ちになりました^^

8.2018年11月20日
カウンター下地
カウンター下地

気配を、消して現場へ行き大工さんに気づかれる前に激写。
精度を、求められる作業なので真剣です。
トイレカウンター取り付け前の作業でした。

9.2018年11月17日
床貼り
床貼り

内部の造作もかなり進んできたので、床貼りにかかっています。
寸法は決まった物、とは言え無垢材なのでやはり寸法の狂いは気になります。
若干の調整をしながら貼っていきます。

10.2018年11月09日
畳コーナー収納
畳コーナー収納

何度か作った事のある小上がりの収納。
少しでも収納量を増やす為の工夫があったりします。
それをした事のある大工さんなので、
大した説明も無く綺麗に組んでくれます。
熟練の技

11.2018年11月04日
ゆるーい
ゆるーい

既存の枠高さを利用してゆるいRの垂れ壁
階段も干渉しているので非常に悩ましい寸法ですが
なかなか良い雰囲気になっております。

12.2018年10月30日
指導
指導

年配の大工さんからの指導。
机上では学んでも、いざしてみないとできません。
特に増改築は学べる事が多いです。

13.2018年10月28日
既存
既存

元々こだわりを持って作られた御宅なので、建具も良い物があります。
ただ使うと言えど、なかなか調節は難しく
同じ高さ、同じ間口にしても長年かかって調節された建具は歪んでいます。
新しく直す開口部を歪めて作る事は無理なので、再調整しなければなりません。
調整からの調整
意外に大変です。

14.2018年10月24日
遠い昔に
遠い昔に

数年前お施主様突っ込まれた事がある「快段」
今も変わらず使っています。

本当にこういった物ってセンス無いですよねぇ。

15.2018年10月18日
配管
配管

トイレやお風呂、キッチンの水回りの配管。
リフォームだと施工のタイミングが非常に悩ましい部分です。

16.2018年10月18日
天井材
天井材

和室等に貼られている事の多い天井材。
パパッと晴れる物では無く、ひと手間必要な材料。

17.2018年10月13日
高性能グラスウール
高性能グラスウール

一見ハムの様に見えますが。
天井に仕込む断熱材です。
密度が高く断熱性能に優れた代物。

18.2018年10月10日
シート貼り
シート貼り

南面と東面は外装を全部やりかえます。
サッシも付き終わり少しずつ外部の雰囲気も変わってきました。

19.2018年10月02日
天井下地。
天井下地。

建物全体の天井下地が出来ていました。
大工さんによって現場の進め方は特徴がありますが、
ここの大工さんは全ての部屋の天井下地を先に入れています。

そうなるとお施主様にもイメージしやすくて打合せ時にも助かります^^

20.2018年09月26日
見せる
見せる

再生工事ではよくする事ですが、隠れていた木組みを見せるように下地を組み替えます。
昔は当然していた事なのですが、今となってはなかなする事の無い木組み。
器械の加工では無く人の手の入った仕事。
時が経っても良い物です。

21.2018年09月18日
土が見える
土が見える

何でもかんでも土間コンクリートを打てば良い、と言う訳でもありません。
40年以上経って問題の無い床下ならばそのまま利用します。
基礎もかなりしっかり作られており、構造もほぼ問題ない状態。
後から手を加える方にもプレッシャーがかかります。

22.2018年09月12日
考え中。
考え中。

解体して天井の木組みが現れました。

リビングの天井をどのように仕上げていくかプランナーや棟梁も交えて色々と思案中。。。

構造の木組みの美しさを見せられるように現場で考えるのも大事なお仕事。

23.2018年09月11日
まずは解体
まずは解体

見えなかった部位が見えてくる。
特に天井裏は想定外な事も多々あります。
しかし昔の人の仕事を見ると、勉強になりますね。

全て見る - 全て見る にある

その他の現場レポート

ページトップへ