現場レポート

全て見る|全て見る

モノトーン和モダンの平屋住宅

1.2018年11月04日
軒天
軒天

軒天材を搬入してきました。
外部の屋根の下側になる部分です。
桧の無地、節の無い非常に良い物です。

2.2018年10月31日
サイディング
サイディング

なんば建築としては施工する機会が少なく、施工の度に「どうだったかな?」と考えなおす外装材です。
昔と比べたら本当に色々な種類があり、まるで本物の様な質感。

3.2018年10月30日
ナラ
ナラ

ナラのフローリング。
どちらかというと堅めの床材で、傷はつきにくいですが、少し冷たいです。
広葉樹独特の杢で高級感のある床材です。

4.2018年10月28日
天井用
天井用

このパンパンになっている物は天井用の断熱材。
こちらも繊維状ですがグレードは良いです。
屋根面はダイレクトに太陽光を受けるので、断熱はしっかりと。

5.2018年10月20日
断熱施工
断熱施工

グラスウールを敷きつめています。
綿状の断熱材で、比較的古くからある建材です。
昔の物は細かい繊維が刺さって痒くなっていましたが、
現在の物はかなり軽減されています。

6.2018年10月17日
建具枠
建具枠

既成建具の枠がはいって来ました。
こちらで作るの場合だと自由になるのですが、既成品になるとそうはいきません。
図面で寸法は確認できるのですが、実物が有った方が安心なので、入れています。
こういった現場は段取りが忙しいです。

7.2018年10月13日
屋根を葺く
屋根を葺く

軽く丈夫な板金屋根。
見た目も薄く、軽やかです。

8.2018年10月08日
包む
包む

雨が少し気になる時期。
少々雨にぬれても問題は無いのですが。
できれば防ぎたい所。
屋根も壁もスッポリ覆い隠してしまいます。

9.2018年10月05日
上棟
上棟

お昼から雨が降りそうな予報でしたが。昼までには何とかなるだろうと思い。
大工さんと相談し工事にかかりましたが。
予報がどんどんずれ込み、結局雨が降り始めたのは夕方でした・・。
良い方向に天気がずれてくれて良い棟上げ日和になりました。

10.2018年09月30日
続土台敷き
続土台敷き

平屋の土台敷きは少し気が遠くなります。
全体をほぼ水平にしなければならないので、なかなか進みません。
しかも同じ作業の繰り返し。
大事な部分なので慎重に。

11.2018年09月24日
全景
全景

瑕疵保証に必要な基礎の全景写真。
綺麗に施工できてますよ。という位のものですが必要です。
上棟に向け順調に進めております。

12.2018年09月18日
土間コンクリート
土間コンクリート

基礎作るのに一番コンクリートの量が必要なのがこの部分。
鉄筋をくみ上げて配管、検査をしてのコンクリート打設。
どの工程もですが、特にやり直しのきかない作業です。

天気の様子を気にしながら進みます。

13.2018年09月12日
再び平屋
再び平屋

先日基礎が完成した現場に引き続き今回も平屋の建物になります。
総二階の建物と違い基礎面積も大きいので、基礎屋さんはなかなか大変。
墨だしも複雑になりがちですが、手早く済ませて鉄筋、枠組にかかっていきます。

全て見る - 全て見る にある

その他の現場レポート

ページトップへ