現場レポート

全て見る|全て見る

下津井空き家古民家を利用したデニム体験店舗

建築中レポート

1.2021年04月28日
完成
完成

ようやく完成しました。
照明がつくと一気に雰囲気が変わります。
オープンはもう少し先ですが。
非常に楽しみ。

2.2021年04月12日
完成に向け、着々と。
完成に向け、着々と。

内装が終わって完成も間近です。
こちらの壁は珪藻土塗です。

漆喰の白に比べクリーム色の優しいい色合いですね。

3.2021年04月03日
質感
質感

前回の写真と何が違うのか。
写真で見るとサッパリわかりません。
こればっかりは実物を見ない事には説明できないのですが、
漆喰で仕上がっております。前回は下地

近くで見ると独特の質感、面の美しさが見て取れます。
職人に技術無にはできない仕事。

4.2021年03月31日
これはこれで
これはこれで

元の漆喰壁を一度剥いでまた仕上げ直すのですが、
まだ下塗りの状態。
綺麗に仕上げるのも良いですが、
荒さの残る壁もまた風情があります。

5.2021年02月24日
給排水
給排水

このような古民家を触る時に困りがちなのが給排水。
水道や下水が来る前の建物なので、配管経路なんてものは当然取っていません。
どのように配管するか。
建物を立体で捉え何処を通せるかを検討、下水の取り出しや給湯器、水道メーターの位置を目掛けて配管します。

6.2021年02月17日
古民家
古民家

古民家と言えば古い新聞。
隙間風や壁が崩れるのを防ぐ為に貼られている事が多々あります。
まだ右から文字を読む時代。
戦前から貼られているのでしょうか。
そう考えると新聞紙の強度は馬鹿にできませんね。

7.2021年02月03日
解体始まっています。
解体始まっています。

下津井にある築100年以上の古民家。
デニムの体験が出来る工房に変身します。
少し前に先に外部のみ完成させていましたのでこれからは内装の工事です。

古い柱や貫が見えていますが既存の風合いを活かしたオシャレ空間でデニム製作体験が出来るよう造り上げていきます。

全て見る - 全て見る にある

その他の現場レポート

ページトップへ