現場レポート

全て見る|全て見る

~土間・ダイニング・庭につながる~結の家

1.2019年09月21日
玄関
玄関

実用的では無い部分、ですが家の顔になる場所です。
必要最低限のサイズを設計する事の多い玄関ですが、
ここの家ははなかなかの大きさ。
土間のサイズに負けない意匠になっております。
三和土の土間に塗り壁
仕上げてをすると重厚感がでますね。

2.2019年09月18日
遊び心
遊び心

細かい詳細がや図面に書かれてなかったりする部分。
お施主さんの好みが何となく伝わっていると、少しだけアドリブが入り
小舞竹が余っていたので、それが張られていました。
手間はかかるけど、遊び心は大事です。

3.2019年09月13日
天袋
天袋

キッチン等によくとりついている天袋。
調理器具や食器等を片づける収納です。
既製品では無く作り付けなので
柱から壁までビッチリ納まっています。

4.2019年09月07日
縦に
縦に

ホームページを見られる方がパソコンでは無くスマートフォンで見られる事が多いので
写真を縦にしました。
過去のホームページから更新する事数千回。
その頃にはスマートフォンなんてまだ無かった時代でしたから
時代の流れを感じます。

そんなこんなで大工さんは廻縁の加工中
空調服の赤が眩しいです。

5.2019年09月03日
落とし掛け
落とし掛け

写真右側の黒い材料が落とし掛け
床の間の垂れ壁上部につく部材名です。
ここではラフな材料を使って入れていますが、
本来は杉、桐、黒檀、紫檀等ですが、ラフな場合は竹や皮付の材料だったりもします。
施主さんの好みに合わせて適材適所に。
色と断面を見る限りはカリンか、ブビンガか、その辺りの材料かと思われます。

6.2019年08月28日
テクスチャー!
テクスチャー!

建築用語ではありませんが、何となく雰囲気で使ってる言葉です。
材料の質感だったり色合いだったり材質の感覚だったり。
自然素材を使う事の面白みも、この均一では無い質感が良いと私は思います。
この焼板は特に異質なもので材料、焼き具合、張った人で全く違う物になります。
同じ物が二度と無い外壁です。

7.2019年08月26日
流石の
流石の

親子でリズムよく現場を進めていってくれている棟梁。
電気屋さんが内部を進めている間にもう外が完了です。

暫く天気が怪しかったので内部の仕事に専念出来ます。

8.2019年08月21日
玄関框
玄関框

家の中その床上に行く為の段差として入れる材料です。
バリアフリーだったり意匠的に入れない事も多くなっていますが、
やはり無垢材の大口径の框があると存在感があります。
堅く重く加工のし難い材料。大工さんが苦心しながら作業しております。

9.2019年08月20日
仕上り
仕上り

大引き天井の出来上がり。
構造材の上に杉板30mmの物を張っており
これで1階の天井と2階の床を兼ねております。

多少床なりは否めないですが、昔ながらの納まりです。

10.2019年08月06日
覆い隠す
覆い隠す

現場は屋根工事の真っ最中。
なので内部は材料でごった返し、外は覆ってこの様子。
お盆までには屋根の大工工事は完了しそうです。

サッシも入り取り柄あえずは一安心。

11.2019年08月02日
暑い中
暑い中

大工さん現場で頑張ってもらっています。
ササッと鉋掛け。
既成の窓枠が殆どのこのご時世。
現場に削り台があって、大工さんが鉋掛けをしている現場なんてそうそうありません。

腕を上げるのは難しいけど、落とすのは簡単。

こんな仕事を当たり前にこなせるのは素晴らしい。

12.2019年07月30日
面材
面材

早くも大屋根が完成し少し下に外部の耐力面材を貼っております。
サッシも本日現場入り。
お盆までには戸締りが出来るようになると良いな。

13.2019年07月23日
棟上げ
棟上げ

昨日無事に棟上げを行いました。
午前中は雨だったのですが、順調に垂木まで打ち終わる事ができました。
水抜き穴があるとは言え基礎の下に少々水たまりが出来ていました。
また明日行って水抜き&確認していきます。

14.2019年07月18日
搬入
搬入

週末に雨が集中しそうなので。今日のうちに材料を搬入してしまいます。
お昼から雨が降りそうなのでシートをかけてしっかりと養生しておきます。

15.2019年07月16日
框

家を入って一番に目にする部位かもしれません。
選ぶ基準は全体のバランスだったり、一点だけ良い物だったり。
ですが、ここに良い物を使っていると格好がつきます。
無垢の欅の框。
今削っていますが素晴らしい材料でした。
詳細はまた後程

16.2019年07月13日
後悔
後悔

こんな難しい仕口にしなきゃ良かった・・・。
と自ら後悔。
外部に面してる5本溝の指鴨井にコミ栓まで打ちこんでしまって・・・。
そんな事を言いながらもサラッと仕事をしている大工さん凄い。
テトリスのような仕口で私には訳が分かりません。

17.2019年07月12日
ひと手間
ひと手間

全て手刻みで、という訳にはなかなかいきません。
それでも人の手の入った仕事をするように心がけています。
現場に来た材料をそのまま組む事が殆どを占める昨今
器械では出来ない手仕事は尊いです。

18.2019年07月11日
紙を貼る
紙を貼る

構造材を削って綺麗にしていっております。
ただそのまま現場へ持って行く訳では無く、紙で養生してから
汚れないように、だれが現場に来ても一目で分かるように。
1本1本丁寧に紙を巻いていきます。

19.2019年07月10日
山盛
山盛

上棟前に加工しなければならない材料が会社に入ってきました。
明日から順序良く加工して参ります。

20.2019年07月09日
前後
前後

古材を使う現場では構造材に塗装をします。
材の内部は脂っ気が多く残っているのですが、外部はパサパサのカラカラ
材料を保護し美観も良くなるので自然の油を使用した塗料で潤いを与えていきます。
着色をすれば新しい材料でも古めかしく見えたりしますが、実際に年月を重ねた材料の風合いには叶いません。

21.2019年07月02日
土間打ち
土間打ち

あまり梅雨らいくない7月。
雨の間を縫ってコンクリートの打設をしております。
暑い時期なのでコンクリートがよく乾燥しますが、し過ぎても困るので
雨の間を縫いながら、しっかり養生し施工してきます。

22.2019年06月25日
丁張
丁張

今回は後輩を連れて二人で丁張。
ほぼいつも一人で作業していたので、煩わしさもあるのですが、
楽さもある。
やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ
人に育てるという事は難しいです。

全て見る - 全て見る にある

その他の現場レポート

ページトップへ