現場レポート

全て見る|全て見る

山間の古民家改修工事

建築中レポート

1.2020年05月21日
土間
土間

基礎工事もようやく佳境。

新しく家を支える礎になる工事ヶ所。

綺麗に出来上がってきています。

2.2020年05月13日
意外に
意外に

無筋の布基礎だったのですが、かなり大きなコンクリートの塊が出てきました。
ですが鉄筋が入っていないと脆いもんです。
重機で掘り出して少し衝撃を加えればゴロゴロ壊れてしまいます。
ブロック基礎の所もあり、柱建ての所もあり。
色々な工法が見られて勉強になります。

3.2020年04月28日
炉

畳の間を解体したら床下から炉が出てきました。
あまり整っておらず、手作り感のある炉
石と土で作られた力強さを感じます。

4.2020年04月15日
鉄骨が
鉄骨が

天井裏を覗いてみると、鉄骨がチラリと見えました。
構造的にあるはずの柱が無いと思っていたら、
鉄骨で補強して受けていました。
色々試行錯誤されてます。

5.2020年04月07日
おそらく今回は4期工事
おそらく今回は4期工事

元の家は100年は建っているでしょう
2期の大幅な改修工事を経て、3期の改修、
今回の4期工事にかかります。
どれだけ調査してみても、壁の中や懐の狭い天井からは伺い知る事の出来ない部分。

6.2020年04月03日
開けてみたら
開けてみたら

解体も進み躯体が露わになってきました。
古民家は本当に蓋を空けてみないと解らない事が多いです。
建ってから一度も改修していない事がまず無く、思いもつかない改修をしている事も多々あります。

7.2020年03月23日
次代を感じる天井
次代を感じる天井

客間の凝った天井。
一昔前に流行ったのでしょう、よく見受けられます。
折り上げ天井に布クロス+シャンデリア

まずは解体からです。

全て見る - 全て見る にある

その他の現場レポート

ページトップへ