現場レポート

全て見る|全て見る

庭へとのびる版築白壁の家

1.2019年11月26日
ついに
ついに

待ちに待った階段が出来つつあります。
こんな不思議な形状の階段は初めてです。
下部が収納になっており、なかなか組み辛い様子です。

2.2019年11月20日
大面積
大面積

タイトルの版築が何かと言うと
土を突き固めて塀等を構築する方法なのですが、
実際はそこまで厚みが出せないので、漆喰や砂を混ぜて
その雰囲気を持たせられるようにします。
私も初めてなので、どんな仕上げになるか楽しみです。

3.2019年11月19日
道具置場
道具置場

ここの棟梁は、先に道具の置き場を作ります。
大工工事を終わらせて、荷物の移動をしないですむように。

なので、部分的にですが、大工工事が完了していっております。

4.2019年11月14日
下地まで
下地まで

焼板と軒天の桧が張り終わり左官工事を待つばかり。
少し変わった質感の仕上げになる予定なので、
出来上がりが楽しみです。

5.2019年11月03日
途中
途中

断熱材を入れながら壁を張りながら。
ジワリジワリと進んでいます。

6.2019年10月21日
低い
低い

右側の家も建ち、並んでみると少し低く感じます。
ドッシリと落ち着いた雰囲気。
今月で外部の大工工事が終わるかな?

7.2019年10月04日
リビングの眺め
リビングの眺め

外の工事を進めているので、内部はあまり変わり映えがしません。
明日床の仕様が決定するはずなので、決まり次第材料を段取りしてきます。
並ぶ桧材が目を引きます。

8.2019年09月21日
ガラス障子
ガラス障子

アルミサッシが全部入り家の戸締りが出来るようになりました。
何となく一安心といった所。

次は中間検査を待ちます。

9.2019年09月07日
葺き終わり
葺き終わり

ここの現場はガルバニウム。軽くて丈夫な材料です。
厚みも出ないので軽やかな屋根になります。
隣の瓦と比べると、見た目のイメージも全然違いますね。
設計さんと施主さんの好みでガラッと印象の替わる部分です。

10.2019年09月04日
無事棟上げ
無事棟上げ

上棟予定日前後に見事な秋雨前線のような物がかかり延期にしていましたが。
無事本日上棟しました。
快晴すぎて少々油断していましたが、暑さに負けずきりの良い所まで作業できました。
引き続き屋根の工事にはいってゆきます。

11.2019年08月26日
土台敷き
土台敷き

土台敷きから防蟻処理を終え床の合板まで伏せ終わりました。
あと少々の段取りはありますが、棟上げを待つばかり!
なのですが、何だか天気が怪しそう・・・・。

晴れを祈りつつ棟上げの日を待ちます。

12.2019年08月21日
加工材
加工材

上棟前に加工する材料が入ってきした。
鉋をかけて艶を出します。
そのまま現場に持って行かずひと手間です。

13.2019年08月13日
全景
全景

基礎完成!
まだ棟上げは日にちがありますが、
配管工事も完了。
順調に進んでおります。

14.2019年07月30日
基礎全景
基礎全景

本日は配筋検査。
図面通り配筋が出来ているかのチェックです。
開口部、コーナー部 ピッチ等をチェックしてきます。
やり直しの効かない部位なので慎重に。

15.2019年07月23日
地鎮祭
地鎮祭

本日は地鎮祭でした、おめでとうございます。
その後すぐに丁張の作業にかからせていただき、
家の四方の位置だし作業です。
これを基準に家が建ってゆきます。

全て見る - 全て見る にある

その他の現場レポート

ページトップへ