現場レポート

全て見る|全て見る

空き家の古民家再生

建築中レポート

1.2021年05月15日
性能アップ!
性能アップ!

壁と天井にしっかりと断熱材が入っていました。
以前は何もなく、外気とほぼ変わらない暑さ寒さ(^^;

今後は快適になりますね。

2.2021年05月11日
【内壁下地】
【内壁下地】

室内も壁や天井の下地が入り、部屋の雰囲気がわかるようになってきました。

3.2021年04月25日
見つけられるかな??
見つけられるかな??

リフォームの現場では、既存の柱の傾きを垂直に直しながら進めます。
とは言え、すべての柱を垂直に出来るとも限りません。ただし、傾いたままの柱に建具を付けるわけにもいかず、、、
そういう時は、壁をふかして枠を付けていくのです。

で、この写真はその枠材。実はこれ、1枚板ではないのです。ヒノキの材料をどこかで繋いでいるのですが。継手、見つめられるかな?

木目があまりにも自然です。写真で見ると分かりやすいかもしれませんが、実物はより自然なんですよ!私も顔が付くほど覗き込んでやっと見つけられました。

こういう大工さんの細かい精神をちゃんと棟梁は若手大工に指導していましたよ。職人のプライドに感激です。

4.2021年04月12日
内部梁補強
内部梁補強

内部の間取りを変えるべく梁を追加して補強しています。
柱を抜いて広い空間を確保するためにはなくてはならない作業。

かけやでトントン!リズミカルな音が現場に響いていました。

5.2021年02月22日
長~い丸太。
長~い丸太。

写真のアングルが悪く、はっきりとは分かりにくいですが、天井裏に長~い丸太が現れました!
総長は約10mです。
1本物の丸太。どうやって運んだんだろう??1本物なので家の躯体をしっかり支えてくれていました。まだまだ活躍してもらいますよ~。

6.2021年02月16日
【解体②】
【解体②】

建物は、無くなりました。
土の撤去や、配管の撤去、ガラ撤去など完了すれば、減築の解体完了です。
この後は、大工さんにより母屋の部分解体スタートです。

7.2021年02月08日
【解体】
【解体】

本日より本格的に解体スタートです。
蔵や水場の減築をして、母家だけの状態にします。一部天井撤去から瓦撤去までが本日の作業となります。まだまだ解体も続きますので、安全に作業を行なっていきます。

8.2021年02月05日
【電気メーター移動】
【電気メーター移動】

解体前の仮設工事始まりました。
ガス管の切り離し、水道を止めたり、電気を止めてメーターの移動、今日は、電気の職人さんによる仮設電気の設置です。
ポールが元々あったので、そこに取り付けました。
本格的な解体は、来週から始まります。

9.2021年02月03日
解体始め
解体始め

本日は立春らしく快晴の中、解体始めを行いました。
四方のお清めをして解体する蔵の外壁の焼板をバリっとめくりました。

数年間空き家になっていた古民家を一部減築してフルリフォームします。
2階は現在の風合いを残しつつ、、、のなんばが得意とする改築。
反対に1階は間取りも大きく変更して、もともと広い家なので贅沢空間の玄関を造るべく工事を進めて参ります。

全て見る - 全て見る にある

その他の現場レポート

ページトップへ