フォトギャラリー

新築|すべて

格子小屋組みの日本家屋

田園地帯に建つ、落ち着いた日本建築です。まず印象的なのは外観に生かされた格子組みの梁。切妻屋根の母屋と渡り廊下で結ばれた和室の離れの入母屋屋根が 調和し、落ち着いた印象と共にどっしりとした風格を兼ね備えています。外壁や腰板に杉の白板を張っている点も上品な印象に仕上がりました。  内部は平屋でありながらもケヤキの丸太や松の木組みを存分に味わえる勾配天井のリビングをはじめ、土壁塗りの縁側、和紙貼の建具など落ち着いた空間で す。  また構造は当社独自の土壁外断熱工法を採用し、200年住宅(長期優良住宅)にも対応する耐久性や耐震性、省エネルギー性を高めた仕様となっています。

 

場所   :倉敷市帯高
1F床面積 :277.53㎡
延床面積 :277.53㎡
施工面積 :

 

この物件はパンフレットに掲載されています

  

 

  7月から新築パンフレット(施工事例集)、新しくなりました。

  このHPより資料のご請求でも、新築のパンフレットを

  お送りさせて頂きます。

 

  資料のご請求はこちら

  お住まいのご計画にお役立てください!!

新築 - すべて にある

その他のフォトギャラリー

ページトップへ