フォトギャラリー

新築|すべて

土間でつながる瀬戸の和風平屋

  • 土間でつながる瀬戸の和風平屋

    山間に溶け込むよう、落ち着いた配色の外観。

    軒の高さを極力低くし、より落ち着いた印象となるよう高さ設定をしています。

    平面的な印象にならない様、屋根の頭頂部には「越屋根(こしやね)」を設け、変化をつけています。

    画像のみを表示全 14 枚中 1 枚目を表示Next ≫
  • 土間でつながる瀬戸の和風平屋

    昔ながらの伝統的な日本の住まいは、気候風土に合わせるため、軒は深ければ深いほど外観も見栄えが良くなり、耐久性も上がります。

    ですがそれではどうしても室内に届く光の量は少なくなってしまいます。

    「明るいリビング」という、現代の要望に応えるため、リビングに面する掃出し窓の軒先は一部をガラス張にしています。

    室内には明るい日差しがたっぷりと注ぎ、外観も重すぎず、軽快な印象になっています。

    画像のみを表示全 14 枚中 2 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 土間でつながる瀬戸の和風平屋

    外観のアクセントになっている丸窓。通常アルミサッシで施工するのが多い中、こちらは漆喰で枠ごと造作しています。

    サッシに比べて手間はとんでもなくかかりますが、造作でしか出来ない印象的な仕上がりになりました。

    丸窓の中に見えている柱も、骨組みである構造の柱を意匠美として取り込みました。

    画像のみを表示全 14 枚中 3 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 土間でつながる瀬戸の和風平屋

    明るい印象の玄関になるよう、外壁は漆喰塗。

    足元は雨風から漆喰壁を守るよう、また、アクセントとなるよう桧の板張りに。

    桧の板は「鎧貼り(よろいばり)」。端を少し重ねてはり進める工法で、大変手間はかかりますが 上品さもありながら和の印象がぐっとアップします。

    土間に埋め込んだのは この地域ならではの備前焼のタイル。単調になりがちな広い土間も、印象的な仕上がりになりました。

    画像のみを表示全 14 枚中 4 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 土間でつながる瀬戸の和風平屋

    素朴な土壁塗りの壁が落ち着いた印象の玄関ホール。

    竹で天井から吊った無垢板の一文字棚が よりすっきりと、シンプルな美しさが生きるように仕上げました。

    天井は竹を編んだ網代天井。単調な印象にならない様、無垢板を中間に配し、変化をつけています。

    内部の土間にも備前焼のタイルを埋め込みました。

    備前焼のタイル、網代、照明器具、格子。それぞれの四角を共通のデザインとして統一するよう、意識して選定しました。

    画像のみを表示全 14 枚中 5 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 土間でつながる瀬戸の和風平屋

    建具の内法に、一本だけさりげなく施された手仕事のあと。

    強烈な個性はないですが、素朴な空間に木の美しさと手仕事の温かみがとても生かされ、お気に入りのポイントになりました。

    画像のみを表示全 14 枚中 6 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 土間でつながる瀬戸の和風平屋

    リビングの一部は一段下がったインナーバルコニーの土間。

    夏は開放して夕涼み、冬はストーブを置いてひなたぼっこ。中のような、外のような、そんなあいまいな空間が 四季折々の変化と暮らしの楽しみを教えてくれます。

    軒先のガラス屋根のお陰で、明るい空間になっています。季節で変わる太陽高度を計算し、夏は直射日光が室内に入らないよう、ガラスの寸法を計算しています。

    画像のみを表示全 14 枚中 7 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 土間でつながる瀬戸の和風平屋

    昔の民家によくみられる田の字型間取りを LDK、タタミコーナーに振り分けて現代的に配置した内部空間。

    中心にどんと構える大黒柱。梁や丸太を支え、また構造美としてもしっかりと存在を光らせています。

    平屋ならではの、勾配天井のLDK。空間の広がりが味わえ、また無垢の木の温かさに包まれ、とても心地の良い室内です。

    画像のみを表示全 14 枚中 8 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 土間でつながる瀬戸の和風平屋

    大屋根空間を支える、美しい格子小屋組み。積雪の多い地域に良く見られ、冬場の大きな屋根の荷重を支えるために用いられる工法です。

    キッチンの対面壁の造作棚。備前焼の小物を飾った時、より引き立つよう、背面は淡いブルーのタイルを貼りました。

    昼間と夜では、全く異なる表情を見せてくれるのが木の家。夜には雰囲気が増すよう、小屋組みを照らす間接照明を施工しています。

    画像のみを表示全 14 枚中 9 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 土間でつながる瀬戸の和風平屋

    空間の広がりを生かすよう、タタミコーナーと納戸の上部は壁で塞がずロフトとして吹抜けに。

    気積が大きいので冷暖房効率を心配されておられましたが、当社の工法は屋根の外断熱、壁の通気工法などを採用しているため寒い冬場でもエアコン一台で快適に過ごせます。

    画像のみを表示全 14 枚中 10 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 土間でつながる瀬戸の和風平屋

    装飾品が引き立つよう、床の間の背面は真っ白な漆喰塗に。

    天井の上はロフト空間として使用しているため、天井高さは2.2mと少し低め。そのため照明器具は造作カバーの埋め込み式にしています。

    奥へ行くごとに奥行きが感じられるよう、天井はあえて暗めに、床の間手前の天井は一部を吹抜けにして間接照明を施工しています。

    また突き当りの漆喰壁の床の間が一段と明るく感じられるので、狭い空間でも息苦しく感じない様な工夫をしています。

    画像のみを表示全 14 枚中 11 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 土間でつながる瀬戸の和風平屋

    様々な銘木を当社の倉庫で在庫として保管しています。このカリンの無垢板で作った木製建具もその材のひとつ。カリンの木肌が際立つよう、表面はオイル仕上げに。四方の枠もあえて白木を用い、色の対比で面材の板が引き立つようデザインしました。

    画像のみを表示全 14 枚中 12 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 土間でつながる瀬戸の和風平屋

    タタミコーナーの上、ロフトから見た小屋組み。高さは低いですが、物置としては十分な広さ。

    座って使うにも十分なので、書斎など、隠れ家空間としても利用できます。

    画像のみを表示全 14 枚中 13 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 土間でつながる瀬戸の和風平屋

    素朴な質感を生かしたレストルーム。パーテーションに使用したトチの木は、あえて自然のままの形を生かして施工しました。表面も素朴な形に合わせ、荒く鋸目を入れました。

    手洗いカウンター、建具はカリンの無垢板。深い褐色が引き立つよう、水はね防止のタイルは布目模様の和柄のものを選定しました。欄間に入れたステンドグラスの緑と色を統一しています。

    画像のみを表示全 14 枚中 14 枚目を表示≪ Prev     
新築 - すべて にある

その他のフォトギャラリー

ページトップへ