基本仕様

 

基礎・・・ベタ基礎 外壁・・・耐震面材通気工法
土台・・・桧一等 土台下通気    押出法ポリスチレンフォーム断熱材40mm
白蟻対策・・・薬剤塗布による処理(5年保証あり)    防水シート(雨水の侵入防止と通気の確保)
基礎換気口・・・ステンレス    通気スペース 外壁材

床・・・28mm構造用合板

    押出法ポリスチレンフォーム断熱材40mm

屋根・・・釉薬瓦、ガルバニウム鋼板等

    外断熱通気工法

通し柱・管柱・・・桧    野地板(杉野地板or杉化粧板)
梁・・・米松目細材    押出法ポリスチレンフォーム断熱材40mm
     通気層 棟換気口

基礎構造

standard_img01-01.jpg standard_img01-02.jpg standard_img01-03.jpg

住宅の自重を支える地盤は、すべて同じ性質のものではありません。柔らかい、硬い、粘土質、石、など様々です。せっかくいい家を建てても、地盤に問題があって家が傾いたりしては大変です。そのため十分な地盤調査の上、必要とされる適切な地盤改良工事を行います。(写真左)
当社が採用するベタ基礎とは、建物の下面全体に鉄筋を配筋し、そこにコンクリートを流し込んで作ります。鉄筋コンクリート面全体で建物を支える構造になっているため、地震や台風などの衝撃に強く、湿気にも強いのが特徴です。(写真中)
土に接する面には防湿シートを敷き込み、湿気をシャットアウトします。湿気は家の大敵。躯体を腐らせるほか、シロアリの繁殖の原因にもなりかねません。家を長持ちさせるため、基礎(床下)の防湿と通風が非常に重要になります。(写真右) 

 


 

ページトップへ