Vol.14 柱が太ければ本当に強いのか?

木の寿命は年輪のつまり具合で決まる。難波社長が木の見極め方を語ります。

 

 

                                                                                [青字]インタビュアー [黒字]難波社長

 

 

最近、「地産地消」が建築においても推奨されているようですが。

 

地産地消。確かに地元に生えた木で伐採をして家を建てる、これがベストです。しかし今の現状において地元で取れたもので1軒の家がまかなえるかというとそれはムリです。地産地消とはもう少し広げて考えないと家は建たないというのが現状です。


種類が少ないということですか。

 

そうですね。建物の寿命の話になってくるんですけど木の寿命は何で決まるかというと木が何年経った木なのかが重要なんです。

 

50年経った木なのかそれとも100年なのか、それから年輪の詰まりようです。年輪が詰まっている方が絶対に長持ちするわけです。大体年輪の3倍持つと木造はいわれています。100年経った木を使えば300年もつし30年経った木を使えば90年で駄目になります。

 

なぜそんなことを言うのかというのは私が小学校2年の時に親父から死んだ爺さんの大工道具をもらって遊びながら使う、小学校高学年、中学校になってくると学校が休みのときは現場に出て当時は古い家がいっぱいあったわけです。100年、200年経った家がやはり使い勝手が悪いとなるという事で改造をする、そうなってくると私たち子供でも現場へ入って天井を落としたり壁を落とすのです。そうすると柱、土台が出てきます。その時に腐っている柱、腐っていない柱が出てくるわけです。

 

そうしてみると杉のアカミや檜の心持ち、栗の土台というのはしっかり残っているんですね。切ってみるとわかるのですが腐っている木はやはり目が粗いとか若い木を使っている柱、土台が腐っているんです。文献にも書いてありますがやはり自分の目で確かめることで「家を100年もたせよう」と思うとどういう木を使えばよいのかが体験的にわかってくるわけです。

 

最近よく「全ての柱を12センチにしますよ」とか「うちは10.5センチです」とかありますがしかし100年経った木の10センチの柱と20年経った12センチの柱、どちらが強いかというと間違いなく100年経った10センチの方なのです。だから「オール檜4寸角」と広告に書いてありますが大事な事は製材した木が何年経った木でどれくらい目が詰んでいるかということなのです。それを見極めて材料を使うとそれが大事なのです。

なんば建築工房のこと|会長インタビュー

ページトップへ