SDGs宣言

なんば建築工房は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

SDGs(持続可能な開発目標)とは?

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17の目標と169のターゲットで構成されています。

 

心のこもった仕事をするために

弊社は、主に岡山県内を対象とした注文住宅・リフォーム・社寺・商業施設・古民家再生などを手掛けている工務店です。
スタッフ全員の安全意識の向上や、働きやすい職場環境の整備を積極的に行います。
また、“人材”を“人財”と捉え、スタッフ全員が安心して仕事ができることが、全てのお客様に心のこもった対応ができると考えています。

 

わたしたちのSDGsへの取り組み

1.働きやすい職場づくり

    

建設業ということもあり、男性主体の職場ですが、職人・事務所の女性スタッフの雇用にも注力しています。
結婚・出産を経ても、柔軟な働き方ができるよう積極的に努めています。
また、女性だけでなく男性スタッフの育休取得の体制も整えています。

そして、スタッフのスキルアップを大切にしており、社内外研修への積極的な参加の推奨、中途社員の採用など、多くの人が社会で輝けるようにサポート。
- 大工志塾など、社内有志による若手大工勉強会など

顧客管理ソフトや営業支援ツールを導入し、業務の属人化を防ぎ、業務効率化につなげています。

 

 


2.環境への配慮

  

・商品やDMなどが送られて来た際の梱包資材・包装・段ボールのリサイクルやゴミの分別、業務に支障のない箇所の節電、節水を心がけています。
 また、打合せや会議では可能な限り紙資源を節約し、ペーパーレス化を推しています。
 消耗備品を可能な限り、バイオマス・再生素材を使用したものに変更。(コピー用紙、ゴミ袋など)

・産業廃棄物を適切に処理
 建物を建設する際に建材の一部を再利用することで、産業廃棄物の発生を最小限に抑えています。

 さらに、産業廃棄物をマニフェストに則って徹底管理しています。
 処理過程を履歴に残して、適切に分別されているかどうか、細心の注意を払って確認した上で処理。
 水質汚染や空気中の有害物質の発生を大幅に抑制することで、健やかで住みよい街を守ります。

・清掃活動による地域への貢献
 弊社では毎月第一月曜日を「全体清掃」として清掃活動を実施しています。
 会社周辺を清掃することで、清潔で健康に暮らし続けることができる街づくりにも貢献しています。

 

 


3.社会貢献

    

職人不足が問題になっている建築業界において、弊社では自社大工を雇い、日本の伝統技術を後世に継承し育成に取り組んでいます。
また、建材はメーカーの大量生産品に頼るだけではなく、職人の手仕事を活かした活かした家づくりをしています。
伝統技術の継承と持続可能な木造住宅の建築・普及に努めていきます。

(一社)全国古民家再生協会 岡山第一支部として、
・リフォーム瑕疵保険の徹底
・伝統工法リフォームにおける再築基準の徹底
・インスペクションの徹底※1
などの消費者視点に立った「快適な古民家の安全と安心」を推進しています。

2016年より、地元・倉敷市下津井の町おこし団体“下津井 SEA VILLAGE PROJECT”を立ち上げ、
・観光事業
・不動産活用事業
・地産地消の土産物
・特産品の開発・販売事業
・新事業のための人材開発
地域の活性化を目指して多面的な取り組みを行うことを目標にしている。

2021年度では、写真をSNSへ投稿することでアフリカ・アジアの子どもたちに給食を届けることができる取組み「おにぎりアクション」に参加。

※1 建築士資格を持つ検査員が第三者的な立場で目視・動作確認・聞き取りなどにより「住宅の現状の検査を行うこと」を言う

 


2022年1月 「倉敷市・高梁川流域SDGsパートナー」へ登録しました。

倉敷市・高梁川流域SDGsパートナーとは

 

 

ページトップへ