2020年8月31日 西日本放送 RNC NEWS every にて取り上げられました。

 

 

岡山県内の4カ所の古民家をリフォームして月々定額で利用できるいわゆる「住まいサブスク」のサービスが5月から始まっています。

この地域の活性化につながる取り組みを応援しようとJR西日本は明日から割引切符の販売実験を始めることになりました。

こちらは倉敷市児島小川にある築100年以上の古民家です。
月々4万円の定額で利用できるいわゆる「住まいサブスク」物件として運用されています。
家を利用する人がいれば近隣住民との交流も生まれ地域の活性化に繋がることからJR西日本は住宅利用者向けの割引切符の販売実験を明日からスタートすることにしました。
関西方面からの利用者を呼びこもうと新大阪駅出発に限り片道3000円で新幹線を利用できます。
新型コロナの影響でWi-Fi環境が整ったシェアハウスの人気は高まっていて、岡山県内では岡山市北区奉還町や備前市日生に4つの物件が用意されています。

JR西日本では実験の結果を踏まえ、今後の対応を検討するということです。

 


人気の施工事例をパンフレットで無料プレゼント中

 新しくなった新築パンフレット(施工事例集)を

HPより資料のご請求でもお送りさせて頂きます。

プランごとに価格例の記載もあり、なんば建築工房でのおおよその金額イメージをしていただけます。 

資料のご請求はこちら

お住まいのご計画にお役立てください!!

 

 

 

 

トピックス|受賞・マスコミ掲載・活動

ページトップへ