スタッフブログ

正田順也 自己紹介へ

日本の家 軒はどうしてあるのか?

2020/02/10(月) すべて工房あれこれ

日本の家屋に軒があるのはどうしてでしょうか???

 

デザインがカッコイイから軒を作っている? 何んとなく?

最近では軒の短いお家も多いですが、、、、、、。

軒の短い古民家などは見たことが無いと思います。
この軒には日本の風土が影響しています。 

日本は、高温多湿で暑くて雨が多く四季があるのが特徴です。


そうすると、
①軒があることでこの写真のように雨の日でも窓が開けることが可能です。

②日射が冬時期日が入り、夏日差しを遮る。

③雨が多いので外壁の傷みを抑える。

雨の日の快適性や、

季節により日差しを調整することで快適性

一番は、雨から建物を守る事です。
この軒のお陰で建物の耐久性や汚れは格段に変わります。

 

日本の家の軒が深いのは 意味があったのです。

 

機能からくるデザイン。日本の家は美しい。


公式SNSアカウントでもなんば建築工房の家づくりをお届けしていますのでぜひご登録をお願いいたします♬

公式インスタグラム

Facebookページ

Pinterest公式アカウント

家づくりイベント・お役立ち情報や限定見学会情報などをLINEでお届け中です(^^)/
ぜひおともだち追加をお願いします。LINEからご質問も可能です♪

LINE公式アカウント

友だち追加

記事一覧

1ページ (全23ページ中)

ページトップへ