スタッフブログ

大工志塾入塾式

下川俊宏 自己紹介へ
2019/06/22(土) すべて工房あれこれ

 

一般財団法人住宅産業研修財団ならびに優良工務店の会は、国の補助を受け、伝統木造建築の技術・技能の次世代を担う人材の育成を目的とし「大工志塾」(期間:3年間)が昨年から始まり、1期生として当社から2名を行かせていました。

 

そして今回、2期生として全国から32名(当社から1名)が集まり、入塾式が東京にて行われました。

 

 日本の伝統木造建築は世界に誇る文化ですが、その担い手である高度な技能・技術を備えた棟梁の高齢化が進むと共に、次世代を担う若い大工は減少の一途を辿っており、伝統建築の大工技能・技術の継承が大きな課題となっていますが、明るい未来への取組みを紹介させていただきました。

記事一覧

1ページ (全17ページ中)

ページトップへ