スタッフブログ

正田順也 自己紹介へ

古民家再生 次の100年を目指して

2021/01/31(日) すべてスタッフの日常

 

工事前

工事後

 

先日もブログでアップした、玉野の古民家再生現場。

屋根の葺き替えと外壁の漆喰と腰瓦を貼り終え凛とした雰囲気になりました!

築100年以上の古民家は、お施主様の想いとともにもう100年もつ家にして欲しいという想いを頂きこのように生まれ変わりました。

リノベーション!という感じではなく、古民家の建物の良いところを活かし丁寧に修理しただけなのですが何かが違う!と感じませんか???

外壁を修理し瓦を葺き替えたのはもちろんですが、実は屋根の軒の深さが少し変わっています。

工事前の古民家は少し軒が短かったのです。どうしてか?不明ですが。

恐らく材料の取り具合かと思われます。

そして、屋根の葺き替えと同時に屋根の角の隅木と垂木をやり替え美しく整いました。

どうですか?

少しの気遣いで建物も生きてきます。

料理でも同じですが、意外と建物の素材を活かすということは職人の技術が必要になります。

建物をリノベーション!という感じに斬新に変えるわけではなくともこのように建物が蘇ることはうれしく思います。次の100年を目指して、、、、。

記事一覧|2021年1月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ