スタッフブログ

「外構部の木質化対策支援事業」

下川俊宏 自己紹介へ
2019/06/15(土) すべて工房あれこれ

今年からの国の新規助成事業で、林野庁予算の「外構部の木質化対策支援事業」があります。

一般的に塀は、コンクリートブロックやアルミなどで建築されますが、木質化することを条件に助成されます。

住宅および非住宅物件の外構部に①木塀 ②ウッドデッキ等 の木質化をした場合、その使った材積や塀の長さに合わせて金額が助成される事業です。

 主な実証事業の内容(資料抜粋)

・対象施設:塀・柵・デッキ・門扉等・その他に類する外構施設他

・木材:合法伐採木材(クリーンウッド)*適正に伐採された国産材や外国産材

・助成額:塀等の延長1mあたり30,000円~ の定額補助

*全額補助ではなく、量・金額・樹種により助成割合が変わる

 

詳細がいろいろと後から出てきている現状ですが、予算額15億円の枠なので、予算額に達すると終了する事業です。

木塀・ウッドデッキにしたいと考えられている方は、検討されてみてはいかがでしょうか。

記事一覧|2019年6月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ