スタッフブログ

正田順也 自己紹介へ

昔の職人さんは凄いなぁ。

2020/05/21(木) 工房あれこれ

先日、神社見学に行った時の屋根の下地。

今では木材の加工も進み、角材で規格寸法で加工がされています。

しかし、昔はこんな丸太の半割れの垂木(タルキ)で屋根を組んでいました。仕事としては少し荒いような感じでしたが、、、。

 

昔は寸法も曲がり具合も全て自然なり。近くの山で切った木をそのまま乾燥させ使います。

それが当然でした。

現代では、工場で作られた柱や梁、床材から壁材そして外壁まで、工業製品で家づくりが出来てしまいます。

木の家とは、、、、

自然の木を使い、職人がつくる木の家。本当に落ち着きます。

 

しかし、

今の時代。このような仕事が出来る職人さんは日本でどれほどいるんだろう、、、、。

 


公式SNSアカウントでもなんば建築工房の家づくりをお届けしていますのでぜひご登録をお願いいたします♬

公式インスタグラム

Facebookページ

Pinterest公式アカウント

家づくりイベント・お役立ち情報や限定見学会情報などをLINEでお届け中です(^^)/
ぜひおともだち追加をお願いします。LINEからご質問も可能です♪

LINE公式アカウント

友だち追加

記事一覧

1ページ (全26ページ中)

ページトップへ