菅野 亮 自己紹介へ

会社のロゴマークのおはなし

2023/11/30(木) すべて工房あれこれ

こんにちは、広報の菅野です。
今日はなんば建築工房のロゴマークの話をしてみたいと思います。

今年で創業136年を迎えた当社ですが、
実は昨年、135周年のタイミングでロゴマークの刷新を行い、現在のロゴマークになりました。

 

↓ちなみに、以前のものはこんな感じで、マークはなかったんですね。

フォントも変わって、よりエレガントな印象になったと思います。

 

新ロゴはさまざまなものをモチーフとしてデザインされています。
1つ目は、末広がりの縁起物、扇。上棟式の際にも丸扇が掲げられるように、家づくりと扇には深い関係があります。
2つ目は、Namba(なんば)のN。
3つ目は、漢字の「人」。
どこにどんなモチーフが使われているか、おわかりいただけるでしょうか?

屋根に見立てた扇の下にある円は、日の丸や、アイデアの源泉、力の結集を表現しています。

使われている色は、社寺など伝統的な家屋の屋根の色である檜皮色(ひはだいろ)と、
同様に宮殿や社寺などで用いられ、魔除けや不老長寿を象徴する朱色(しゅいろ)。

このように、伝統と革新、人の手で家を創ること、
そしてこれからのなんば建築工房や地域の発展を願ったロゴマークとなっています。

資料請求の際に弊社からお送りするコンセプトブックに、より詳しい説明が書いてありますので、
ご興味がおありの方は、ぜひ一度弊社の資料もご覧になってみてくださいね。

それではまた!

 

お問合せ・資料請求していただくための安心ポイント

・無理な勧誘・営業活動はいたしません。
・迅速にお届けすることを心掛けています。
・最終的に建てないかもしれない…大丈夫です!

私たちはお客様のお気持ちを第一に考えています。
お住まい計画にお役立ていただけると幸いです。
お気軽にお問合せ・資料請求ください。

1ページ (全83ページ中)