スタッフブログ

下川俊宏 自己紹介へ

かんな屑(超仕上げ)とSDGsと私

2021/02/06(土) すべてスタッフの日常

 こちらは、超仕上げ加工機から出た「桧のかんな屑」


 大工がかんな屑の厚みをミクロン単位にまで削り出すには、かんな台の調整・かんな刃の仕込み・かんな刃の研ぎ出し・砥石などと職人の技が織りなすものです。
(写真は無いのですが)極限まで薄く仕上げたかんな屑であれば、向こう側が透けて見えます。

今までかんな屑は、何気なく廃棄したり、燃やしたりして処分をしていますが、せっかくの無垢材(桧・杉)なので、SDGsの考え方も取り入れながら、再利用の道も考えなくてはいけないのがこれからの世の中の動きですね。

ちなみに「ハムスターの寝床(桧の消臭効果)」としての活用もあるようです。
(ある大手ペットメーカーさんから先週、弊社に「かんな屑」の問い合わせがありました)


公式SNSアカウントでも「なんば建築工房」の家づくり情報をお知らせしていますので、ぜひご登録をお願いいたします♬

 

 

イベント案内やお役立ち情報などをLINEでお届け中です(^^)/
ぜひ、友だち追加をお願いします。
ご質問もお気軽にどうぞ♪

\  友だち追加ボタンから登録  /
友だち追加

プライバシーポリシーを見る

記事一覧

1ページ (全43ページ中)

ページトップへ