家づくりで考えておきたいこと

  1. HOME
  2. 家づくりで考えておきたいこと
  3. これから私たちに起こること

これから私たちに起こること

 

これから家づくりを検討するあなたに是非、一緒に考えて頂きたいことがあります。
ほんの少し前までは必要なかったのかも知れませんが、私たちはこれまで経験したことのない時代に今まさに入ろうとしています。新聞やTVで伝えられていたさまざまな環境の変化もこの前までは「自分とは関係のないこと」だったかも知れませんが、今は本当に一人ひとりが真剣に見つめなおす必要があると感じます。
その家づくりを考える上で重要な「変化」を以下に記します。

 

エネルギー・資源不足

theme_img01.jpg

今までは急速な経済発展により、海外からの物資、エネルギーを大量に消費し続けた我が国もここにきて方向転換を迫られております。日本の自給率は4%と低くほとんどを海外からの輸入に頼っているのです。

 

しかし、その資源にも限りがあり、石油で考えると可採年数は約41年分しかなくアジア経済の発展の需要増大により深刻化していくのは間違いありません。化石燃料に頼る電力政策は今岐路に立たされています。
真っ先に影響が出るのは電気代の高騰です。
少ないエネルギーでいかに効率的に過ごす事ができるかが密接に関わってきます。(※数値は資源エネルギー庁より抜粋)

 

自然災害の脅威

theme_img02.jpg

東日本大震災はとても大きな被害を与え、多くの尊い命と街を奪っていきました。と同時に建物を建てる環境と強度についての考え方にあらためて影響を与えてくれたと考えています。

津波は家の強度ということよりも”家はどこに建てればより安全か”を考えさせられましたが関東地方で見られた”それぞれの家によって損傷が違う”という事実は明らかに耐震性能の差がもたらしたものです。

 

住宅の長寿命化

theme_img03.jpg

これからの日本経済を考えた家づくりに於いてのキーワードは、「住宅の長寿命化」です。少子高齢化を迎えた現代、日本人の平均寿命は1960年では男性 65歳、女性70歳でしたが、2005年調査では男性74歳、女性85歳と飛躍的に伸びました。しかし、住宅の寿命はどうでしょう。

世界の住宅の平均寿命は、日本26年、アメリカ44年、イギリス75年と日本の住宅の寿命=価値は、外国の1/2、1/3と日本の住宅の寿命の短さが目立ちます。それは、日本人が一生に2度も3度も住宅に投資をする事を意味するのです。

これからの日本の住宅施策に於いても、住宅の長寿命化、ストック型住宅、既存住宅の活用が推進されると思います。
建物の長寿命化は環境(地球温暖化)・エネルギー問題だけでなくこれからの日本経済の面で重要な項目になっていくと考えます。
(平均寿命:厚生労働省大臣官房統計情報部・平成17年簡易生命表より)
(住宅寿命:平成8年国土交通省データより)

 

「自分さえよければ」という価値観の蔓延

theme_img04.jpg 相変わらず、新聞紙上にはさまざまな企業の不祥事や悲惨な事件を見ない日はありません。これはいろんな要素が関係しており、一言では言い表せませんが、一つの要因としては人と人との心の繋がりの弱体化があげられます。
全てに効率性や生産性を優先する一方で日本人として変えて良いものと変えてはいけないものが忘れ去られているのではないでしょうか。
小さい頃、言われた「親に感謝する」「物を大切にする」「人に迷惑をかけない」「うそはつかない」「先祖を大切にする」など私たちはもう一度、原点に帰らなければならないように感じます。

 

これからの家づくりに必要な5つのことはこちら

 

倉敷の老舗企業受賞

リフォーム事例集「建物再生論」

平屋の住まい

なんば建築工房がご提案する平屋の住まいをご紹介。

  • 職人ブログ 本物の職人だからこそ語れる
  • お客様BLOG なんば建築工房お施主様ブログをご紹介!
  • まさだの家作り 「ぶらーり寄り道」ブログ

    ※クリックすると外部サイトへ移動します。

  • コーディネーターまさだの「木のお家♪心豊かに暮らそう」ブログ

    ※クリックすると外部サイトへ移動します。

  • なんば建築工房のスタッフブログ NANBA RUNNING CLUB

    ※クリックすると外部サイトへ移動します。

  • 第21回住まい夢フェア 6月30日(土)・7月1日(日)

    ※クリックすると外部サイトへ移動します。