平屋の住まい

  1. HOME
  2. 平屋の住まい
  3. なぜ平屋なの?

なぜ平屋なの?

 

■平屋住宅で暮らすとどんなメリットがあるのでしょうか?

 

人生の楽しみを広げる

 

将来ゆとりが出来る部屋(子供部屋など)が段差の少ない一階にできる為、趣味の部屋、シアタールーム、和室への改装などセカンドライフのゆとりの空間へ

 

家族との交流

 

平屋住宅では平面的な空間になる為、家族・夫婦のスペースとプライベート・趣味の部屋の空間が近くなります。その為、家族の交流の時間やプライベートな時間が程よい距離に。

 

開放的なリビング空間

 

why_img01.jpg平屋空間では天井を勾配天井にしたり、階段のスペースが省略できる分リビング空間にゆとりができ、開放的なリビングスペースが実現できます。

 

 

 

 

 

 

 

自然と一体に

 

リビングスペースとプライベートスペースが一階にあるため日本古来の自然と一体になった空間が実現できます。

 

豊富な収納力と隠れ家に

 

平屋建てでも小屋裏やスキップフロアで有効活用。デッドスペースを利用して昔の中二階や半地下収納のような大きな収納量が実現できます。そして、小屋裏はご主人さまの隠れ家にも、、、、、、。

 

和の趣に、、、、、自然を取りこむ

 

why_img02.jpg平屋といえば和の趣。軒を深くし日差しと雨を遮る。日本の風土に合った四季を取りこむ家作り。リビングから眺めるお庭、縁側、土間、軒裏など、、、、、自然を取り込み心落ち着く空間に。
伝統工法を生かした和の佇まいは住む人をおおらかな心に、、、、、、。

 

 

 

 

 

ワンフロアの生活のしやすさ

 

why_img03.jpg段差がないため上り下りの負担や事故が少なく、お掃除や洗濯、収納など生活動線が短く女性に喜ばれる使いやすい平面計画ができます。

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

 

 

 

■ここでは、平屋住宅のデメリットもご紹介致します。

 

大きく分けるとこの三つが問題になります。

 

敷地の広さ

 

平屋にするということは、もちろん敷地が少し広く必要です。部屋数やご要望によって異なりますが、約60坪以上の敷地が必要です。
完全な平屋住宅でなくても、スキップフロアや小屋裏をうまく活用して平屋的な空間も実現出来ますので設計段階で敷地条件やご要望を含めて計画をしましょう。

 

コスト的な問題

 

一般的に平屋住宅は二階建てに比べコストが高くなる傾向にあります。どうしてか?それは、コストのかかる基礎・屋根などの面積、地盤補強の面積が増える、など二階建てに比べコストアップの要因があるからです。
出来る限りシンプルな空間でコストを抑えることも可能ですのでプラン作成時にご相談下さい。

 

防犯上の問題

 

寝室・子供室などが1階部分になる為防犯上の考慮が必要な場合があります。例えば夜寝る時に窓を開けたいが、、、、、長期の留守の時に、、、、子供の出入りが分かるようになど。このような問題は設計段階や格子・雨戸・サッシの計画など十分に考慮する必要があります。

 

ページの先頭へ戻る

 

 

お問合せはこちら

資料請求はこちら

倉敷の老舗企業受賞

リフォーム事例集「建物再生論」

平屋の住まい

なんば建築工房がご提案する平屋の住まいをご紹介。

  • 職人ブログ 本物の職人だからこそ語れる
  • お客様BLOG なんば建築工房お施主様ブログをご紹介!
  • まさだの家作り 「ぶらーり寄り道」ブログ

    ※クリックすると外部サイトへ移動します。

  • コーディネーターまさだの「木のお家♪心豊かに暮らそう」ブログ

    ※クリックすると外部サイトへ移動します。

  • なんば建築工房のスタッフブログ NANBA RUNNING CLUB

    ※クリックすると外部サイトへ移動します。

  • 第21回住まい夢フェア 6月30日(土)・7月1日(日)

    ※クリックすると外部サイトへ移動します。