会社案内

  1. HOME
  2. 会社案内
  3. クレド

ク レ ド 

~  継承すべき棟梁の心 ~
 
~ <お客様へ・仲間との約束>18ヶ条   ~

 

1.【さすが!と言われる仕事を残す】
私たちは一流の仕事人を目指します。一流とは技術・知識をもっているのはあたりまえで礼儀、マナー、見識、身だしなみ、整理整頓、すべてに対してお客様にさすがと言っていただけるような行動を実践します。
 
2.【挨拶】
挨拶は大切なコミュニケーション、礼儀の1つと考えます。お客様が現場や会社に来られた際は必ず、作業の手を止め、起立して「こんにちは」「ありがとうございました」と大きな声で目を見て感謝の気持ちを伝えます。
 
3.【感謝のこころ】
私たちは日々の生活や仕事中の出来事で感謝の気持ちを忘れないために全体朝礼時(第一月曜日)に会社近隣の「感謝の清掃活動」を行います。
 
4.【なんばの職人とは】 
なんばの職人は以下のことが出来ます。
・社会人としての基本的な姿勢(挨拶・服装・報告など)を大切にします。
・現場の責任者としてお客様はもちろん現場に出入りする他業者とのコミュニケーションを密にとります。
・家一棟の墨付が出来る技術を習得します。
(※墨付けとは材料を加工する前に構造材や造作を刻むことを表し、熟練の技術を要します)
 
・現場での材料や納まりを考え技術向上に努めます。
・木材の種類や特性を理解し配置、加工、取り付けをします。
・現場でお客様のご質問に的確にお答えします。
・現場の安全管理と整理整頓清掃を責任を持って行います。
・知識向上を常に図り、国家資格取得にも積極的に取り組みます。
・若い大工へ職人としての基本的な心構えや技術の習得を教育し技術の継承に取り組みます。
・チームワークを大切にし周りに困っている人がいると必ず声掛けをしスムーズな問題解決に努めます。
・自分の仕事を自慢できるプライドを持った仕事をします。
 
5.【100年経った家から学ぶ】
私たちは時代を経た建物に携わる多くの経験を通じて受け継がれた技術と知識をもっています。
古い家を再生することで素材がどう変化してきたかという結果を知り、素材の性格に合わせ、適材適所に使用します。
 
6.【日本建築の伝承】  
伝統建築の良さを知って頂くためにこれから家をご検討の方やお施主様に対し、手仕事をした箇所や意図を説明し本物の価値をお伝えする努力を致します。そのためお引渡し後にお客様インタビューを行い手仕事の良さや困りごとの解決などをホームページや小冊子にし、これから家づくりを考えている方へ伝統建築の価値を伝えていきます。
 
7.【想いが最初】
私たちはご依頼を頂いてもすぐに図面や見積を提出する事はありません。なぜなら私たちは対話を重視し、「なぜそうお望みなのか」とお客様の立場にたって考え、提案します。お客様にもなんば建築工房の家づくりに対する想いも充分にご納得して頂きたいからです。
 
8.【キックオフミーティング】
チーム全員が住宅の完成形をイメージし、実現するため工事前にはお客様がなんば建築工房で建てるに至った経緯や家づくりに対する思いを共有するためのキックオフミーティングを行います。
 
9.【家は買うではなく建てる】
お客様の「こうしておけばよかった・・・」の声をなくすため、”一切変更は認めません”とは言いません。たとえ、工事中であってもご要望に応えられるよう進行状況に応じた提案や対応を行います。
 
10.【NOとは言わない】
私たちはお客様のどんなご意見、ご要望にもすぐに「NO」を言いません。ご要望をかなえるため手段・方法を検討し、必ず回答案を提供します。
 
11.【アフターに対する考え】 
建物が完成してからがお客様との永いお付き合いの始まりです。お客様カルテを作成し、決められた内容に基づきアフターメンテナンスを実施します。またメンテナンスのご依頼があった際には当日にお客様に連絡を行い、対応を説明し、次回の訪問の予定を決め、連絡・報告業務を確実に行い対応いたします。
 
12.【安全行動基準】 
・当日の作業前には全員で安全ミーティング(KY活動)をします。
・作業後に道具の手入れと片づけをしベストコンディションを保ちます。
・加工場の機械は担当者を決め、定期的にメンテナンスし、記録を取ります。
・建物完成(引渡し)まで無災害でやり遂げます。
 
・全ての行動の判断基準は「安全最優先」です。
・小さな積み重ねをする事が安全への近道です。責任者大工は現場全ての行動の判断基準を「安全最優先」で進めます。
 
13.【全員清掃】
会社に来られるお客様や現場の近隣の方に気持ちよく過ごして頂くために毎週金曜日、始業時間開始30分前に全員清掃を行います。
 
14.【管理者の仕事】
管理者は経営理念、ビジョンを把握しそれにそって間違いを正し、部下の能力が伸びるよう教育します。問題や間違いが起こった時はその場で判断基準を示し、年に2回の評価会議の時には一人ひとりと話しをして会社の進むべき方向性を話し合い、より良い会社つくりに努めます。
 
15.【チームとしての流儀】
私たちは仕事を円滑に運ぶために「立場の区別なく尊敬の念を忘れない!」を共通ルールとして、お互いの仕事内容を理解してより良い家づくりを進めます。
 
16.【まずはやってみる】
私たちは全ての仕事に前向きに取り組みます。「まずはやってみよう!」の心意気で多様な作業に自分から積極的にチャレンジし、他者はその行動に全力で協力します。
 
17.【仕事の前に人を育てる】 
なんば建築工房は伝統技術を通し人を育てる会社です。先輩社員は社会人としての心構えと技術の継承を行い、若手社員は素直に学ぶ姿勢を忘れません。(事務所スタッフも同様)
毎月25日18:00~大工部長主体で職人の心構えや伝統技術についての勉強会を開催し若い職人の育成と伝統技術の継承に努めます。
 
18.【クレド実践】 
私たちは、クレドに基づき自発的に行動します。
それを会社は全力で守り、協力します。
 
平成27年 4月1日作成
作成元:株式会社なんば建築工房
 
 

 

 

 
 

倉敷の老舗企業受賞

リフォーム事例集「建物再生論」

平屋の住まい

なんば建築工房がご提案する平屋の住まいをご紹介。

  • 職人ブログ 本物の職人だからこそ語れる
  • お客様BLOG なんば建築工房お施主様ブログをご紹介!
  • まさだの家作り 「ぶらーり寄り道」ブログ

    ※クリックすると外部サイトへ移動します。

  • コーディネーターまさだの「木のお家♪心豊かに暮らそう」ブログ

    ※クリックすると外部サイトへ移動します。

  • なんば建築工房のスタッフブログ NANBA RUNNING CLUB

    ※クリックすると外部サイトへ移動します。

  • 第21回住まい夢フェア 6月30日(土)・7月1日(日)

    ※クリックすると外部サイトへ移動します。

  • 一般社団法人岡山県南部古民家再生協会

    ※クリックすると外部サイトへ移動します。