ページトップへ

スタッフブログ

原木から梁へ

当社の梁によく使われているのは【欅・ケヤキ】の木です。
柔らかな印象の街路樹としておなじみですが、その木質は非常に硬く、重いため、昔から社寺建築や杵や臼に使われてきました。
  その為、加工はとても大変で、大工さんは刃物をこまめに研ぎながら作業を進めます。

仕口のほぞ加工

梁の端部を加工するこの作業は、昔ながらの【込み栓】と呼ばれる金物を使わない伝統工法で組み上げます。
この梁の端部の凸部分を柱の凹部分に差しこみ、最後に栓と呼ばれる硬木を互いの凸凹部分に打込んで留めます。
近年では金物を使用しない伝統工法の強度が科学的に立証され、その耐久性が見直されています。

記事一覧